松島みどり

コロナで困窮の人の記事、支援策をきちんと書いてほしい。代わりに私が 書きます。

2020年06月01日

高校生2人を持つシングルマザーが3月に旅行会社を解雇され、苦悩する様子を描いた記事を読んだ(5月31日付け毎日新聞)。ほとんどのテレビや新聞の報道がそうだが、この記事も、彼女の嘆きを伝えるだけで、彼女が活用できる支援策を…続きを読む

「車の前で止まり、イヤがらせ」もあおり運転の対象に

2020年05月28日

「あおり運転」の対象を拡大し、「車の通行を妨害する目的で、走行中の車の前方で停止するなどして、それにより人を死傷させた場合」、一般の自動車事故より刑の重い危険運転致死傷罪の対象とする「自動車運転死傷処罰法」改正案について…続きを読む

荒川に持続化給付金の電子申請できない人向けの会場

2020年05月27日

 持続化給付金のインターネット申請ができない人のための「サポート会場」が6月1日、荒川でオープン。区役所近く、明治通り沿いのセントラル荒川(荒川2-1-5)の7階。会場番号1338。  私の地元ではすでに下記の3会場が開…続きを読む

舞台芸術支援 約500億円、がんばったかいがあった!

2020年05月26日

 コロナ禍で危機的状況に陥っている演劇やバレエ・オペラ・ミュージカル・オーケストラなどの舞台芸術を救うため、約500億円(ほかにスポーツが60億円)の財政支援が26日、決まった。「趣味 舞台鑑賞」の私が、「芸術の灯を消す…続きを読む

自ら申請するコロナ休業支援金を創設

2020年05月26日

雇用調整助成金の代わりに、中小企業で働く人が自ら申請できる「コロナ休業支援金」が創設される。4月1日に遡及し、9月30日まで。26日、第二次補正予算の一環として決まった。 休業前賃金の80%、日額上限1万1千円。勤務先が…続きを読む

収入激減のひとり親世帯に給付!私の主張実った!

2020年05月26日

児童扶養手当は前年の収入を基準に対象を決めているため、今、もらっていないが、コロナで収入が激減し困窮しているというひとり親世帯に5万円(第2子以降、1人3万円追加)が、給付されることが26日、決まった。子1人の場合、任意…続きを読む

コロナ対応の中小企業者補助金を拡充

2020年05月25日

中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス補助金」と「持続化補助金」(小規模事 業向け200万円、100万円の「給付金」とは別のもの)に、飛沫防止対策や衛生管理の ための物品購入などに使える「事業再開枠」が50万円(全額補…続きを読む

野田秀樹氏らと財務省・文化庁に芸術への支援を申し入れ

2020年05月22日

演劇を中心に約40の会社・団体で構成する「緊急事態舞台芸術ネットワーク」の野田秀樹代表及び日本バレエ団連盟の高橋典夫専務理事らとともに22日、河村建夫・文化芸術振興議員連盟会長(自民党・元官房長官)と打ち合わせ。さらに財…続きを読む

「舞台芸術が続けられるよう支援を」と党の会議で発言

2020年05月20日

「演劇やオペラ、バレエなどは、緊急事態が解除されても、公演まで3ヵ月かかる。そのうえ、前後左右あけて座ると観客が半分しか入れないので、赤字覚悟の公演となる」と20日、2次補正予算に向けての自民党の会議で発言した。 舞台芸…続きを読む

両国、上野、浅草に、持続化給付金の電子申請できない人向けの会場

2020年05月20日

持続化給付金のオンライン申請が困難な人向けのサポート会場が墨田区、台東区で開設される。制度ができた当初から、「パソコン操作が不慣れな人も申請できるようにすべき」と経産省に強く要請し続けてきて、やっと実現した。 荒川区役所…続きを読む

上へ戻る