杉山和一記念館が完成

田部裕子宮司と綱吉直筆の掛け軸の前で私の地元・墨田区千歳一丁目(両国の近く)の江島杉山神社内に「杉山和一記念館」が完成した。

「鍼灸・あん摩の神様」として神社に祀られている杉山和一(1610年~1694年)は江戸時代の鍼灸(しんきゅう)師。

盲人に与えられた最高の地位、総検校(そうけんぎょう)となり、天和2年(1682年)に視覚障害者に鍼(ハリ)やあん摩術(マッサージ)を伝授するための学問所「鍼灸講習所」を開いた。

これは世界初の視覚障害者のための職業教育施設である。 …続きを読む

墨田区から生理用品など女性向け支援物資、熊本へ

墨田区は独自の支援策として、熊本の被災地向けに、生理用品(5600枚)、使い捨ての紙パンツ及びショーツ(3000枚)、多目的衛生シート(ウェットティッシュ)(900人分)と発熱材付きアルファ米セット(1万食)とそれに対応した水、粉ミルク(200人分)と水を送った。(18日午後5時、4トントラック2台と区防災パトロール1台で出発)
生理用品や紙ショーツなど三点は、墨田区の「女性の防災対策懇談会」の提言に基づき昨年度から備蓄を開始したものだという。
東日本大震災の際には、(当時は国や全国各自治体の防災対策者が男性ばかりで)当初、支援物資の中に生理用品など女性の必需品が含まれておらず、困る被災女性が多かった。
そこで自公政権が復活してから、政府も各自治体の防災対策会議が「一つの性だけで構成されることがないよう」(つまり、女性が加わるように、と)法改正した。早速、効果が現れてうれしい。
東京23区(会長=西川荒川区長)合同では、は熊本市の要請を受けてアルファ米や飲料水、粉ミルク、紙おむつ、毛布、ポータブルトイレなどを被災地向けに送った。

スペイン外務長官らと友好議員連盟が会談

スペインのイグナシオ・イバニェス外務長官が来日、ゴンサロ・デ・ベニート大使も交えて意見交換した。(4月14日)同国は経済危機を乗り越え、昨年はEUで最も高い成長率を記録。だが、昨年末の総選挙で保守与党勢力が過半数割れし、各党間の連立協議がうまく行かず、今なお新政権が誕生していない。5月初めまでに新政権を作れない場合は6月に再選挙となるそうだ。日本では経験のないこと。新しい左派政党ができたほか、政策の左右対立以外に、カタルーニャ州の分離独立についての立場の違いが難しいという。
…続きを読む

九州、拡大する被害、惨事相次ぐ

16日午前1時にテレビを消し(この時点ではNHK以外は一般番組)寝た後、朝7時半に起きて、テレビをつけて驚く。大規模地震相次ぎ、大分県や熊本県南部など地域が広がる。死亡者増える。各地で「下敷き」「生き埋め」といういう胸痛む言葉続く。市役所や学生寮がつぶれたというニュースも。14日の地震が前震で、今日未明が本震とは。
ただ、今回の救いは、すでに全国から官民の支援が入っていること。
救援、頑張って。

熊本地震。復旧対策にも、地元の防災にも全力で

熊本の天気予報が気にかかる。多くの国民が今、同じ気持ちなのではないか。東日本大震災後がこうだったと思い出される。
亡くなった方に心から哀悼の思い。けがをした方、早くよくなってほしい。避難された方、一日も早く、おうちに戻れますように。政府・与党一体となって、いや与党も野党もなく、全力で復旧対策に取り組みたい。
発生翌日の今朝、党役員連絡会に出席、総理がTPP特別委員会の冒頭で災害状況を報告後すぐ退出、委員会は休憩に入り審議せずとなったという報告を聞いた。園田博之代議士(自民党に復党)を団長に熊本県選出議員らはすでに自民党から現地に派遣されていた。副幹事長仲間で本会議場で隣席の坂本哲志議員も。
…続きを読む

荒川出身、北島康介選手、感動をありがとう

北島康介選手は私の地元、荒川区西日暮里の出身。
33歳の今まで、本当によく頑張った。オリンピックで金メダル4つのヒーロー。それに甘んじず、更なる挑戦を続けた。1ファンとして、ありがとうの気持ちでいっぱいだ。
百m準決勝で派遣標準記録をクリアした時は、5回目のオリンピックか!彼に年齢は関係ないのだ!と鳥肌が立つ思いだった。決勝であの泳ぎだったら…。いや、タラレバはやめよう。
そして最後の二百決勝。ずっと2位につけ最後に若手に抜かれて5位になったが、体力温存など考えず、最初から思いっきり攻めた姿が、本当にすがすがしかった。
…続きを読む

待機児童問題への取り組みを更に加速します。

待機児童問題への取り組みを更に加速します。
↓こちらをクリックしてご覧ください。

待機児童問題への取り組みを更に加速します
待機児童問題への取り組みを更に加速します

シングルマザーの資格取得を応援

仕事が不安定で経済的に厳しい、母子家庭の母親が、就職に有利な看護師や保育士などの資格を取得しようとする場合、生活費や学費などを支援する国の政策を今年度から、一層充実させる。「子どもの貧困」解消に少しでも役立ってほしいと願う。(父子家庭の父親にも同じ制度が適用される)
月額10万円の生活費を支給する「高等職業訓練促進給付金」(返済不要)の支給期間をこれまでの2年間から3年間に延長する。正看護師など養成期間が3年間の資格も学校に通う全期間がカバーされるようになる。また、これまでは修業期間が2年以上の資格だけが対象だったが、「修業期間1年以上の資格」が対象になり、調理師なども可能になる。
…続きを読む

平成28年度予算が成立しました
平成28年度予算が成立しました。こちらをご覧ください。
下記リンクをご覧ください。

財務省:平成28年度予算が成立しました

                                             

 | ブログトップ | 

上へ戻る