都知事選にむけて

23日(土)、東京都知事選挙・増田ひろや候補の個人演説会がすみだリバーサイドホールで開催された。DSC08121

自民党・公明党合同で行われ、立ち見がでるほどの盛況に「何としても増田候補を都知事にしたい」という都民の熱意を感じる。

応援には、地元・墨田の山本亨区長、両党の区議会議員のほか、桜井浩之都議、川松真一朗都議、加藤雅之都議、また、先々週の参議院議員選挙で当選したばかりの中川雅治議員、自見はなこ議員も駆けつけた。DSC08119

増田候補と松島の出会いは、第一次安倍内閣。増田候補は総務大臣、松島は国土交通副大臣。冬柴国交大臣の代理で出た、首相官邸での防災会議の席などで一緒だった。

応援演説の中で松島は「知事に必要なのはリーダーシップとチームワーク。そして増田さんの特徴はリーダーシップとチームワーク。東京が必要としているのはまさに、増田さんのような人。」と訴えた。

DSC08135都内各地で精力的に遊説や演説会をこなしてきた増田候補は、「東京中をまわって各地域の課題を実際に見聞きし、地域の特徴をよく知ることができた。皆さんに応援していただいて、都知事になることができたら今度は私の番。」、「都政の信頼回復のため、保育や防災対策など、各自治体と連携して早急に手をつけていく。2020年とその先を見据えたグランドデザインを一緒に描いていきましょう。」と熱っぽく語った。

(文責 秘書)

DSC08225

 

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る